アンフィテアトロ・モレーニコ・ディ・イヴレア:
​氷河が残した大きな足跡

モレーンの始まり

500年前アルプス山脈がアドリア海に引き下がり今とはポーヘゲンと知られ、長年かけたアルプス山脈からの侵食から堆積物豊富な地域となった。後、更新世で平気喉が下がりアルプス山脈からポー平原にかけ多くの氷河で覆われるようになった。ヴァッレ・ダ・アオスタ州ではバルテオ氷河で何度か創造され今での存するドーラバルテア川にながれアンフィエアトロ・モレーニコ・ディ・イヴレア、イヴレアの地域のモレーン(氷堆石)と知られる。Anfiteatro(アンフィテアトロ)はイタリア語でコロッセオの様な円形劇場という意味でモレーンがこの様な形になっているためこの名前の由来がつけられ、訳するとイヴレアの円形劇場型モレーンと意味する。アンフィテアトロ・モレニコ・ディ・イヴレアの中でも一番古くに創造された堆積物は三つ氷期時代のうちの一番最初の氷期時代、ミンデル氷期に作られ、現在モレーン左側に位置するビエッラ市で見られる。モレーン前部、右側部は70万年前のリス氷期に作られた堆積物である。

この時代に創造されたモレーンは未だに元の形のままを保っているのがセッラ・ディ・イヴレアであり、ウルム氷期に創造されモレーン全体のうち三番目に多く堆積物が積もってい、前に説明した二つの堆積物の間に位置している。

氷河が物凄い圧力で平原に押され様々な大きさの岩屑が運搬された。

氷河の大きさは巨大で長さ120km、高さ800m、平面積500㎢、直径30km、周囲110kmにも及んだ。世界的にも一番大きく元の形のまま残られていることで有名なモレーンだ。

特有な地質構造のプロセスにより色んな素材でこのモレーンは作られている。モンテローザ、モンブラン、チェルヴィーノやグランパラディーゾから分解され結晶片岩や片麻岩として残り、窒素や土壌有機物の少ない砂や石でしかつくられていない貧素な土とである。だが、カリウムが豊富に含まれ成長と熟成のためブドウに最も必要とされている糖分をかき集める性質を持っている。

イヴレアのモレーンではとても酸性の高い土であり70〜85%は砂、10〜20%はシルト、5〜10%粘土でありぶどう園の排水に適している。

Scarica QUI la mappa del Territorio

KIN

SPAZIOBIANCO - BOUTIQUE

SpazioBianco - Camere con Cultura -

Via dei Patrioti 17, Ivrea, TO, 10015

Tel  +39 0125.1961620

info@spaziobiancoivrea.it

Az. Agricola Tappero Merlo Domenico

Vigna del Belvedere

Via Barattia segue Via Loranzè, Parella (TO), Italia

Tel  +39 348 7502908

info@tapperomerlo.it

Subscribe to our newsletter

  • White Facebook Icon
  • White Instagram Icon
  • YouTube - Bianco Circle
  • Facebook - Black Circle
  • Instagram - Black Circle
  • YouTube - Black Circle