top of page
カ ナ ヴ ェ ー ゼ 人民 の 先祖 で あ る サ ラ ッ シ 人 は
ロ ー マ 人 に 制 覇 さ れ る 前 か ら ワ イ ン 作 り に 励 ん で い た
カ ナ ヴ ェ ー ゼ と ぶ ど う 栽培 の 歴 史

ワ イ ン の ク オ リ テ ィ ー は そ の 土地 と そ の 周 り の 住民 が ど の 様 に そ の 場所 の オ リ ジ ナ ル の 良 さ を 生 か し て 土地 と を 、 世代 を え

カ ナ ヴ ェ ー ゼ 人民 の 先祖 で あ る サ ラ ッ シ 人 は ロ ー マ 人 に 制 覇 さ れ る 前 か ら ワ イ ン ブ ド ウ 作 り に 励 ん で い た。

サラッシ人はケルト部族でありブドウ栽培はエトルリア人から学んだ.サラッシ人はすでにローマ人が使い出す前からタルをワインを保存するために使用していローマ人が飲んでいた甘いワインよりドライなワインを 飲 ん で い た。

ローマ人はサラッシ人を制覇するのに何十年もかかりやっと勝ちとげた時にはサラッシ人の酒蔵を飲み放したと言われている.この出来事はローマ人が来る前にサラッシ人がどれだけワイン文化を 浸透 さ せ て い た か が 証 拠 さ れ る。

その後の何世紀後もカナヴェーゼでのブドウ栽培は発展され地域で最も大切な経済となる. 1819年にはピエモンテとサルデニア王国では12500ヘクターのもブドウ園ができたと記されている.

その時代のカナヴェーゼのそれぞれお城ではワイン作りに励んでおりイタリアが結成する時代,まだバローロは有名ではない時にピエモンテ,カナヴェーゼからのワインが最高級だとしられていた.

1867年にロランゼからのフランチェセッティワインがパリ世界エキシポジションで優秀な得点を定めた.またパリやロンドンではカルーゾワインが金賞を獲り,オーストラリア,アフリカ,アメリカなどに輸出されていた.カナヴェーゼでは最先 端 に 立 っ た エ キ シ パ ー ト 、 コ ロ レ ッ ト ・ ジ ャ コ ー ザ 町 か ら の ロ レ ン ゾ ・ ガ ッ タ そ し て コ ッ ロ ビ コ ロ ノ ア ー ノ か

特別なテロワールでできたエルバルーチェぶどうと我々の優秀なワイン職人のおかげでハイエンドなポテンシャルのあるワインができる.エルバルーチェはフレッシュでミネラル感が凝縮され,ヨーロッパ最高の山脈から氷河で持っていこられた 岩 や 砂 が 土地 の 土 に 詰 ま っ て い る の が 伝 わ る。

bottom of page