top of page
"ソ レ と ア ル バ の 涙 の 雫 が
ま た 命 を 注 ぐ"
ERBALUCE of Caluso

エ ル バ ル ー チ ェ の 伝 説

あ る 昔 丘 が あ り

大 き な 大 き な 氷河 か ら つ く ら れ

湖 や 森 の 妖精 た ち が

夜 や 太陽 や 月 や 風 や 星 と 一 緒 に

崇 拝 さ れ て い た。

ア ル バ は 日 の 出 の 神 で

い つ も の 様 に 川 辺 で 横 に な っ て い た ら

あ る 日 、 雲 の 隙間 か ら

ア ル バ を 見 つ め て い た 太陽 ソ ー レ が

彼女 の 美 に 心 奪 わ れ

恋 に 落 ち る。

 

け ど 会 え る の に 難 し い 二人 、

時間 、 テ ン ポ が 邪魔 を す る

ソ ー レ が 出 て く る と き は

ア ル バ は 消 え る。

常 に 追 い か け っ こ 状態 で 不安 状態

星 や 月 や 母 な る 大地

空 の み ん な が 心 配。

 

月 の ル ナ 、 ソ レ の 妹 が 解決 を 思 い 浮 ぶ。

あ る 日 ル ナ は 空 を 去 ら ず 、

ソ レ が 出 て く る 道 で 待 ち 伏 せ し 、

来 た と き に 彼 を 隠 し

地球 に き た ア ル バ と 出 会 え る よ う に し た。

二人 の 愛 は カ ル ー ゾ の

高 い 丘 を 囲 み 、

「日食 だ。」 と 賢者 は 言 う 、 が

伝 説 は 「愛 す る 夢 が 叶 っ た だ け だ」 と 言 う。

そ し て そ の 愛 の 間 に 生 ま れ た の は 赤 ち ゃ ん

目 は 空 の 様 に 青 く 、 肌 は 霧 の 様 に 白 く 、

長 い 髪 は 太陽 の 光線 の よ う。

優 し く 尊 く

名 前 は ア ル バ ル ー チ ェ。

彼女 の 美 は 町 中 有名 に な り

カ ル ー ゾ か ら 遠 い と こ ろ ま で 知 り 渡 り

毎 年 、 毎 年

猟 師 、 農民 、 漁 師 、 牧師 、

皆 が 土地 で 採 れ た 果物 や 野菜 、

捕 ら え た 獲 物 、

バ ス ケ ッ ト に 入 っ た 新鮮 な 出来 立 て チ ー ズ を 持 っ て き た。

わ い わ い お 祭 り で 物 々 交換

美 し い ア ル バ ル ー チ ェ に は プ レ ゼ ン ト。

白 い 白鳥 に 乗 っ て 湖 を 渡 る ア ル バ ル ー チ ェ。

た だ し あ る 日 突然

全 て を 支配 す る イ ッ パ 女王 が 言 っ た

も っ と も っ と 耕 す 土地 が 欲 し い が こ の 湖 だ け で は 足 り な い 、

緑 の 川 や 透 き 通 っ て る な 水 を な く せ ば

も っ と 種 を 撒 け る。

水路 を 作 る の は 大 変 な 仕事 、

水 の 流 れ を 止 め

悲劇 な 仕事

水 の 流 れ を 止 め る と 全 て 沈 ん で し ま う

死 を 撒 い た だ け。

 

悲 し い ア ル バ ル ー チ ェ

普 段 は 泣 か な い の に

枯 れ 果 て た 森 の 中 へ と 入 る

前 は 緑 の 川 辺 で 遊 ん で い た の に

涙 が ポ ロ ッ。

 

ソ レ と ア ル バ の 涙 の 雫 が

ま た 命 を 注 ぐ。

枯 れ た 枝 が 逞 し い ツ ル と な り

甘 い 、 黄金 の ぶ ど う の 実 が ぶ ら 下 が る。

 

皆 に 送 る 神 か ら の 宝 、

こ れ で エ ル バ ル ー チ ェ の 葡萄 が 生 ま れ た。

心 の 中 に は 父 ソ レ の 光

そ し て 優 し い 母 ア ル バ

毎 朝 カ ル ー ゾ の 丘 の 上 か ら

顔 を 出 す。

bottom of page