エ ル バ ル ー チ ェ : 黄金 の 味
KIN
Erbaluce di Caluso

山 が 芝 生 と 泥 の 香 り で 覆 わ れ 、

ぶ ど う 園 と 古 い 家 々 が 丘 に し わ を つ く る

ト ピ ー エ 柱 と 赤 い レ ン ガ

そ し て キ ン お じ い さ ん が ま だ い る

ど こ か 木 々 の 中 で 隠 れ て い る

犬 と 空 の 銃 と 一 緒 に

撃 つ こ と が 猟 師 っ て い う 訳 で は な い

そ れ に 音 を た て す ぎ た ら

聞 こ え て こ な い 、 わ か ら な い

静 か な 神 、 カ ナ ヴ ェ ー ゼ が い る こ と に

そ こ に 落 ち 着 い て 、 岩 に 座 り

犬 と 空 の 銃 と で

待 つ 、 黄金 の 涙 を 飲 む の に

こ の 土地 が く れ た エ ル バ ル ー チ ェ を

キ ン じ い さ ん は 全 て を 知 っ て い た

普段とは違うエルバルーチェを作るのが夢だった.熟成させる白ワインにしたかった.土地の特徴を知りつくしその良さを引き立て,氷河の力がアンフィテアトロ·モレーニコ·ディ·イヴレアに持ってきたものをボトルの中に封印したかった.時間の流れと,アルプスからやってきた岩の破片や砂を味わえられる土を舌で感じて欲しいワインを作りたかった.このボトルの中にはただのワインだけで は な く 土地 、 人 、 伝 統 、 歴 史 が 入 っ て い 、 あ る 老人 の 人生 の ス ト ー リ ー を 語 り た か っ た。 そ の 人物 は ド メ ニ コ タ メ ニ コ タ タ メ ニ コ タ タ

KINは私の祖父だ.平凡で心の大きい人で常に自然とブドウ畑のテンポに合わせて生きていた.それは彼にとってエルバルーチェ以上に大切な物はなかったからだ.アーティストのようなおじいさんでぶどう畑 が 彼 の キ ャ ン バ ス 、 エ ル バ ル ー チ ェ が 彼 の 筆 、 太陽 、 雨 、 土 が 彼 の 絵 の 具 だ っ た。

毎年彼の作品,ワインを発表していた.私は祖父からのワインに対しての情熱,細かなことに気がつく繊細さ,じっと物事を見つめられる根気強さを頂き,残していったシンプルだけど象徴的 な 概念 、 伝 統 的 な 知 恵 、 愛情 深 い 自然 に 対 し て の 尊重 を 伝 え た い。

KINは長持ちするベースがしっかりしているワインであり3年間ボトルの中, 1年間樽の中の合計4年間発売する前にねかしている.時間がこのワインの特徴,とてもフレッシュでフレーバーを引き出してくれる.グイヨー栽培法で耕作されたエルバルーチェ100%で,この白ワインは砂っぽい土地であるアンフィテアトロ·モレーニコ·ディ·イヴレアという氷堆石で作られている.KINは繊細なミネラル感とローズマリー,タイム,ハーブ,山からの花の臭いが凝縮されている.一雫,一雫モンテビアン,モンテローザ,チェルヴィーノ,グランパラディーゾから削られた花崗岩のエッセンスが含まれ,このワインが一番土地 の 素 晴 ら し さ を 教 え て く れ る。 お 勧 め は 14、15 ℃ で ボ ト ル を 開 け て か ら 約 1 時間 後 に 飲 む こ と。

 

Domenico Tappero Merlo

ド メ ニ コ ・ タ ッ ペ ロ ・ メ ル ロ ー

カ ナ ヴ ェ ー ゼ か ら の ぶ ど う 栽培 者

ワ イ ン 詳細 を ダ ウ ン ロ ー ド す る :