Bohemien.jpg
BOHEMIEN
Passito Riserva 2009

Caluso Passitoの起源はローマ時代にさかのぼり、何世紀にも渡りカナヴェーゼ地方では伝統を守り、それぞれの家族達はがいくつかのエルバルーチェのブドウ畑を所有いた。ブドウの収穫前には一番質の良いブドウが集められ、冬の果物として屋根裏部屋の棚に干されていた。きちんと換気された場所に3月まで干し、プレスにかけられCaluso Passitoが作られる。発酵と熟成の長いプロセスが始まり、長い年月を超えたからこその味が引き立てられる。 19世紀の終わり、Caluso Passitoのファンであった偉大な芸術家、「ピン」の愛称で呼ばれるジュゼッペ・ジャコーザがいた。ジャコーザはプッチーニの劇作家であり、ラ・ボエーム、トスカ、マダマバタフライのオペラの作者。彼は自分が育てたブドウで作るこの素晴らしいCaluso Passitoでゲストを迎えることは良い習慣であることを広めた。この限定版のPassito Riserva Bohèmien 2009は彼に捧る。

Domenico Tappero Merlo

ドメニコ・タッペロ・メルロー

カナヴェーゼからのぶどう栽培者

ワイン詳細をダウンロードする:

イタリア語

英語

日本語